So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

独尊。

朝起きて自分以外が全員知的障害になっていても全く困らない人なら、
知的障害者を差別する権利があるかもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

变化。

物を表と裏に分けるのは好きではないというような事を以前書いたが、
それ故に「化けの皮を剥がす」という表現も好きではない。
別に興味がない人物に対して「~の化けの皮を剥がす!」という文を見かけると、
「はあ、化けの皮かぶってたのか」とか無感動に思ったりする。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

幸福。

煙草は「百害あって一利なし」と言うが、「一利」はある故に吸う人は吸うわけで。
本当に「一利」もないものは人に必要とされないだろうからこの世に存在しないだろう。
麻薬にしろギャンブルにしろ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

世代。

子供の頃、若者が嫌いだった。
若者は「悪いことをする不良」だと思っていた。
自分がその時期を過ぎて何年も経つが、
見解は子供の時のままである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

夢想。

凄い発見をしたけど、色々面倒だから世間に発表しない人がいるのかも。
瞬間移動の方法とか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

諸行。

この世は本来何も間違っていないのだから議論というのは遊び道具なのだ。
それによって人が傷つくことが悲しいことである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

余白。

『「完璧主義を治す本」を注文したら、1枚ページが欠けていた。』
今ちょっと自分はそういう状況。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

言論。

結構ペンは剣よりも弱いし、多くの人を殺傷してしまったりもする。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

神経衰弱。

何回も同じことを繰り返してはいけない理由は、
それをやると精神がおかしくなるからである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

認識。

「境界はどこにあるのか」という質問には「あなたです」と答えるしかあるまい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

喉元。

「後で考えるとどうでもいい事だった」というのは
「その時は大問題だった」という事で。
nice!(0)  コメント(0) 

覚悟。

ジョジョの奇妙な冒険6部、プッチ神父の「覚悟したものは幸福である」。
これに似ているかは分からないが想起した事がある。
以前も書いたが、昔「家族(特に祖母)が突然死する」という事を非常に恐れていた。
なので、毎晩家族一同が集まって「明日死んでるかもしれないからね」
と確認しておけば少しは恐怖がおさまるかと考えたのだ。
ただ毎晩それをしていると惰性になってしまうかなあ、とも考えたりした。
別に実行はしなかったけど「いつ死ぬか」が分かるのはある人にとっては恐怖だろうし、
他のある人にとっては安心なのかもしれない。
自分は恐怖だが。

(追記)「みんなが知っている」のなら少しは安心かもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

白日。

真実はすでに暴かれているので、暴く必要はないのである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

Pその2。

ナマポもアスペも『P(パ行)』がつく。鳩山元首相などその典型だ。
本当になにゆえ『P』で表現したくなるのか。

(追記)まあ「アスペルガー症候群」は元からだが。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

懐疑。

奇妙な概念を信じている人を「勉強不足」だと思っている人もいるだろうが、
人がものを信じるきっかけというものはもっと微妙なめぐり合わせなのではないか。
こういう見解も因果関係とは違うある意味非科学的な考えだが、
実際この世は結構そういうふうにできているものだと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の15件 | -