So-net無料ブログ作成
検索選択

目には目を。右の頬には左の頬を。

「右の頬を打たれたら左の頬を差し出す」というのは馬鹿げた話だと思っていたが
生きていく中では案外必要なのかとも近頃思った。少なくとも非難はされまい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0